遺産分割の方法

法定相続人とは?

誰が相続人になるかは、民法で決められています。 

法によって定められた相続人を「法定相続人」と言います。

配偶者がいる場合には、配偶者は必ず相続人となり、配偶者とともに相続人となる者は、子→父母→兄弟姉妹の順となり、それぞれの場合における割合は下表のとおりとなります。

相続人の範囲・順序、法定相続分

配偶者 2分の1  第1順位 子、その代襲相続人(孫、曾孫)           2分の1
配偶者 3分の2  第2順位 直系尊属                         3分の1
配偶者 4分の3  第3順位 兄弟姉妹、その代襲相続人(甥、姪)             4分の1
                                  同一順位者が複数の場合は、上記の割合をさらに人数割りします。

寄与分と特別受益

<寄与分に関する制度>

親の家業に従事して親の財産を増やしながらこれに見合う給料等を支給されていなかった相続人や、
親の負債を支払った相続人など、被相続人の財産の維持又は増加に特別の寄与をしたと評価できる
場合は、民法の規定により、「寄与分」を別枠で受け取ることができます。

<特別受益者に関する制度>

被相続人の生前に、相続人のうち一部の人が住宅資金や、開業資金などをもらっていた場合、
特別受益にあたります。
特別受益は、いわば相続財産の前渡しとして扱われ、遺産分割において調整されます。

watanabe_webtop.png
合成-100001.jpg 事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用