相続するか、相続を放棄するか?

相続財産には、現金、不動産、預貯金などのプラスの財産だけでなく、住宅ローンや借金などの
マイナスの財産も含まれます。
そのため、マイナスの財産が、プラスの財産より多い場合は、相続を放棄することができます。

相続人がとることができる方法には、単純な相続、相続放棄、その中間とでもいう限定承認の3種類が
あります。
 

1.単純承認

被相続人の権利義務の一切を承継する方法です。
この場合は特別な手続をする必要はなく、相続開始後3ヶ月以内に他の手続をとらなければ、自動的に
単純承認をしたとみなされます。
また、遺産を処分すると単純承認したものとみなされます。

単純承認した場合には、被相続人にマイナスの財産(借金、保証人の責任等)があれば、これも相続する
ことになります。
 

2.相続放棄

被相続人の財産を放棄し、一切の財産を相続しない方法です。
被相続人の遺産よりも負債の方が多い場合、この方法を取ります。
相続人が被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、
これが受理されれば相続人ではなくなります。

この3ヶ月には例外が認められる場合もありますし、期間の延長制度もあります。
第1順位の相続人が相続を放棄した場合は、第2順位、第3順位へと相続人が代わりますので、
相続人になる全ての者が相続放棄をする必要があります。
 

3.限定承認

プラスの財産が多いのか、マイナスの財産が多いのかが分からない場合や、第2順位、第3順位の
相続人に相続放棄の手間や迷惑をかけたくない場合に有効な相続方法です。

相続で得た財産の範囲内で借金を返済する、という条件で相続する方法です。
仮に財産を清算した結果、借金だけしか残らないような場合でも、不足分を支払う必要はありません。
逆に、借金を返済して財産の方が多ければ、差し引いた財産については取得することができます。
 
限定承認の手続は、相続開始を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して
行います。
この3ヶ月には例外が認められる場合もありますし、期間の延長制度もあります。
限定承認を行うには、法定相続人が複数いる場合には必ず全員で手続をしなければならないと
定められています。

したがって、相続人間の足並みがそろわないときは、限定承認はできないということになります。
 
watanabe_webtop.png
合成-100001.jpg 事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用