相続の流れ

相続とは、亡くなった方の一般に相続に関連する手続きには、次のようなものがあります。

被相続人が死亡(相続の開始
通夜・葬儀・告別式
 
≪7日以内≫
死亡届を提出する
死体火葬許可申請書を提出する
 
≪14日以内≫
世帯主変更届を提出する
 
≪3ヶ月以内≫
相続放棄・限定承認の手続きを行う(財産よりも負債が多い場合)
3ヶ月では調査が困難なときは、家庭裁判所に期間延長の申立を行う
 
≪4ヶ月以内≫
被相続人の準確定申告を行う
 
≪10ヶ月以内≫
相続税の申告・納付する
 
«1年以内»
遺言等による遺留分侵害の事実を知ったときから1年以内に遺留分減殺請求を行う

期間を過ぎるとできなくなるものが多々ありますので、是非、ご注意ください。

そして、期間の制限はありませんが、上記の各手続と並行して、遺産分割のために次の各事項を
なるべく速やかに処理していくことになります。

○遺言書の有無を確認する
○相続人調査を行う
○相続財産・負債を調査する
○相続財産を確定・評価する
○特別代理人の選任申立を行う(相続人の中に未成年者がいる場合)
○遺産分割協議を行う
○遺産分割協議書を作成する
○財産の名義変更をする
 
watanabe_webtop.png
合成-100001.jpg 事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用