• HOME
  • 遺言・相続

相続問題でお悩みの方へ

igonn0001.jpg
財産や負債等の権利義務が相続人らに承継される(引き継がれる)ことを
言います。
具体的なケースで、誰が財産をどれだけ相続できるかは、次の各事項を調査して検討することになります。
 相続財産の内容
 相続人の構成
3 遺言の有無

また、相続税が課税されるか、税額がいくらになるかは大きな問題となります。
相続手続については、銀行預金や不動産の名義変更のための必要書類を揃えたり、各種届出などの
ために、相当程度の時間と労力がかかります。

そのうえ、相続人間で争いが起きた場合には、1人で処理することは困難なこととなります。
また、相続する財産がマイナスの場合(負債の方が多い場合)には、「相続放棄」の手続を行わないと、
負債を承継することになります。
相続問題でお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

参考として、当事務所が相続についての講演会で使用したレジュメを掲載いたしますのでご覧ください。

相続法レジュメ 



watanabe_webtop.png
合成-100001.jpg 事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用